Canva初心者

Canva

初心者でも簡単に使えるデザインツールCanvaで出来る事

7月 31, 2022

たとえばブログやSNSなどの、アイキャッチを作ってみたものの「自分のイメージしたものと違う」なんて経験ありませんか。

Photoshopとか使えないけど、「自分で画像を編集してみたい」と思っている方。

そんな方に、使ってもらいたいのがデザインツール「Canva」です。

案内する女性の画像

自分で簡単に画像編集してみたい方向けデザインツール・Canva

Photoshopだとより細かい作業が可能になりますが、素材の手配から操作を覚えるのに手間と暇がかかります。

Photoshopほど高機能でなくてもいいので、手軽にオシャレな画像を作りたい方にCanvaは向いているでしょう。

そんなCanvaで、他にはどんなことが出来るのかまとめてみました。

Canvaの魅力は操作性とテンプレート素材の多さ

Canvaは、オーストラリア発のデザインツール。

初心者でもプロ並みのクオリティのデザインを作ることができます。

これまで作成されたデザインの数は70億以上、190の国で使用。

月間6000万人以上のユーザーが利用しています。

日本版は2017年リリース、もちろん、フォントなど素材を含めて日本語に対応しています。

僕は、Canvaの魅力は以下の3点だと思ってます。

ポイント

  • 誰でも簡単に短時間でプロ並みのデザインが作れる
  • 操作が単純、作業工程が少なくて専門知識がいらない
  • 素材の多さ

デザインが苦手でも初心者でも、誰でも簡単に作れるんです。

今まで色々な画像編集ソフトに挑戦して挫折してきましたが、Canvaを使いだしてからその悩みは消えました。

とにかく簡単、単純操作なので直感的に操作可能、つまり操作を学習する手間が大幅に短縮できます。

わずか数クリックで、一つの作業が完結してしまいます。素材数がけた外れに多いことも相乗効果をあげてます。

初心者でもプロ並みの仕上がりになるので満足度がとても高くなります。

Canvaは無料でも使える

Canvaは、無料で使えるのも大きなポイントです。また月額1,500円のCanvaPro(有料プラン)も用意されています。

より操作性、利便性を上げたいと思ったらCanvaProもおすすめです。

Canvaの登録方法が気になる方は以下の記事も合わせてお読みください。

無料プラン・有料プランの登録方法・無料トライアルの方法・キャンセルの方法に詳しく登録の手順を載せています。

スマホやパソコンで使える

パソコンの場合プラウザで使うことが出来るので、特別ソフトをインストールする必要はありません。

Canvaのホームにログインするだけで、デザインを始めることができます。

アプリをダウンロードすれば、iPhone・Android・iPadで使うことも可能です。

Canvaの機能

Canvaにはどんな機能があるのか、その使い方について解説していきます。

とにかく多機能なので、ブログやSNSだけでなく、チラシからプレゼン資料・動画まで幅広く使用できます。

テンプレートを利用したデザインを作成できる

Canvaの最大の利点はデザインされたテンプレートが使えることです。

ブログはもとより、instagramなどsns用やYoutubeなどの動画用に最適化されたテンプレートが用意されています。

無料でも25万点のテンプレートを利用可能です。

テンプレートの使い方は簡単、画像や文字を差し替えたり背景の色や画像を変えたりします。

たとえばFacebook用のテンプレートを選んで背景を変えてみましょう。

元テンプレート
背景を変えたテンプレート

背景を画像に変えただけでガラリと変わりました。

背景を選ぶのには時間はかかりますが、作業は1分もかかりません。

実際のテンプレートを使ってアイキャッチを作成した手順もアップしてます。

日本語のフォントも充実している

オーストラリア発だけに日本語フォントが少ないのではと思ってましたが。日本語フォントも充実しています。

ポイント

  • かわいいフォント
  • 手書き風フォント
  • 定番のフォント
  • 高級感のあるフォント

さまざまなフォントを利用することができます。

フォントの変更だけでなく、エフェクトを使うと文字装飾もできます。

文字を湾曲させたり、文字に背景を付けたりしました。他にもいろいろできます。

動画作成が簡単にできる

Canvaトップページ「動画」から、作成する動画のサイズを選び

テンプレートや素材を選んで簡単にショートムービー(動画)を作成することが可能です。

例えば、Youtubeのオープニングムービーも簡単に作れちゃいます。

編集データは自動保存

Canvaには、保存ボタンがありません。

作成した作品は、自動保存されていてトップページの「最近のデザイン」に表示されています。

商用利用

Canvaで作成したデザインは、プランに関係なく「商用利用可能」です。

クレジットの表記もいりません。

商用利用の例

  • 自分のブログに掲載
  • SNS投稿に使用
  • マーケティング素材として使用
  • 名刺の配布
  • 年賀状
  • Tシャツ作成・販売

Canvaのテンプレートや素材は、第三者に販売・配布することは禁じられています。

以下は著作権侵害にあたるので、注意が必要です。

  • Canvaの素材(写真・音楽・動画など)を無加工の状態で、販売、再配布、クレジットの取得を行う
  • Canvaで作成したデザインをつかって商標登録をする
  • Canvaの素材をストックフォトサービスなどのサイトで販売する

商用利用について詳しく解説してる記事があります。

印刷サービス

Canvaで作成した作品は、家庭用プリンターで印刷できます。

さらに編集画面から、印刷会社へ印刷を依頼することも可能です。

例えば

  • 招待状
  • ポスター
  • 三つ折りパンフレット

なども印刷して配達してくれるサービスを手軽に利用することができます。

有料プラン

1億点を超える素材(写真・イラスト・動画)が使用できるようになります。

さらに無料テンプレートに加えて、61万点を超えるプレミアムテンプレートが使えるようになります。

無制限にテンプレートや素材が使えるので、当然デザインのクオリティもあがります。

月額1,500円から使える有料プランを使うとクオリティだけではなく、作業効率が爆速になります。

以下の記事にてCanvaProについて解説してます。ご覧ください。

canva pro

-Canva