洋画

最強のふたりは最強のフランス映画これ見ないと損です

更新日:

 

最強のふたりは2011年公開のフランス映画

フランスでの歴代観客動員数3位の大ヒット作。
日本公開のフランス語映画歴代1位。

監督:エリック・トレダノ  オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ  オマール・シー

最強のふたりは実話をもとに映画化されたフランス映画

頸髄損傷で首から下が不自由な富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)スラム出身で貧しい環境の介護人のドリス(オマール・シー)の実話を映画化したものです。

フィリップが自分と介護人のことを書いたLe Second Souffle(第二の呼吸)を出版。その後TV番組で取り上げられたりドキュメント化され映画化に至ります。

映画ではドリスはアフリカ系黒人となってます。実際はアルジェリア出身のアプデルという青年がモデルです。

生まれも環境も違うふたりの物語は、映画では一瞬の出来事のように感じます。実際にはふたりの関係は10年間つづいていました。

最強のふたりあらすじ

ドリスはフィリップの元で、試用期間1ヶ月介護人として働くことになった。しかしドリスは失業保険の延長が目的だったため介護の資格や経験はなかったのだ。

介護人を決める面接の風景が淡々と流れていくなかで、障害者にたいする差別的発言も多く、それだけに採用が目的ではないドリスを周囲の反対を押し切って採用してしまいます。

彼だけは私に同情しない

介護人として働き始めたドリスは、採用後もフィリップを病人として扱わず「一人の人間」として扱ってしまいます。ちょっとハラハラするくらい雑に扱うのですが、逆にフィリップに気に入られて本採用となります。


『最強のふたり』プロモーション映像


最強のふたり

ユーモアたっぷり涙腺の弱いかたにもオススメ

フランス映画という先入観とヒューマンドラマは、涙腺が弱くなっているので最近は敬遠していたのですが、この映画は見てよかった。映画に先入観をもつのはいけないなと少し反省。

ショーシャンクやフォレストガンプと同じく心に残る映画がまたひとつ増えた感じがします。

障害や貧富の差、人種をこえた、心あたたまる映画です。暗くなりがちなテーマですがドリスのユーモアやフィリップの表情で素敵な映画に。

映画で流れる音楽もそうですが、ドリスのダンスシーンでは懐かしのアースウィンドウ&ファイヤーのブギー・ワンダーランドがぁ。


Earth, Wind And Fire -- Boogie Wonderland OST ('Intouchables') (Неприкасаемые)(720p)

最強のふたりはHuluやAmazonプライムビデオで見ることができます。

NAGOでした See you

PICK UP!

-洋画

Copyright© NAGOLOG , 2018 All Rights Reserved.