ツール他

著作権を気にせず漫画のコマをブログで使えるマンガルー

更新日:

 

記事を書いていると挿絵や画像を使う場面がいくつか出てきます。さらに感情を表現したい場合には吹き出し付きの漫画が効果的です。

漫画を自分で描ければよいのですが、なかなかそうもいきませんよね?

無断で使ってる人もいるみたいですが、漫画などの著作物には著作権が設定されてるので無断で使用するわけにもいきません。

怒り・失望・喜びなどの感情表現も

漫画を使えば

ストレートに読者に伝わります。

右上のような漫画のコマをブログ上で使いたい場合、著作権を気にせず使えるサービスがあります。

ブログ記事に漫画を使い方はぜひ活用してみてください。

 

 

著作権フリーで使うならマンガルーとブラックジャックによろしく

漫画にも著作権があり法律で守られています。これを無視して使うと相応のペナルティーを食らうことになります。

著作権法123条で定められている著作権は親告罪となっているため漫画家からの告訴がない限り罪に問われることはありません。

しかし告訴されると差し止め請求や損害賠償を問われることになります。

田中さん
そんなつもりはなかった

知らずに使ってしまう人や、みんな使っているから大丈夫だと思ってませんか?

そんなあなたにお勧めのサービスがマンガルーブラックジャックによろしくです。

 

このサイトの漫画を使うと著作権を気にせずブログで漫画のコマを使用することができます。

 

漫画をブログで使う方法と注意する点

では漫画をブログなどで使うことは出来ないのか?いいえ著作権さえ守れば漫画をブログで使うことは 可能です。

漫画のコマ画像=著作物です

漫画のコマ画像も著作物なので法律で守られています。なので使いたい場合著作権者の了解をとれば使うことができます。

それはどう考えても無理でしょう

作者が著作権フリーにしてたら使えるよ

作者の許諾をえるのは現実的ではありません。しかし著作権フリーとしていた場合はブログでも問題なく使えます。

著作権者が既に亡くなっていた場合は死期50年間著作権保護期間で守られています。亡くなっているから大丈夫という理屈は通りません。

自分で書いても元の漫画とわかるものもアウト

著作権フリーいがいでは気軽に使えないことは分かりました。では使えないのかというと引用を利用すれば使えます。

引用を利用して漫画のコマ画像をブログで使う

文化庁のホームページで引用について書かれてます。

(注5)引用における注意事項

 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

  • (1)他人の著作物を引用する必然性があること。
  • (2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  • (3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
  • (4)出所の明示がなされていること。(第48条)
    (参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)
  • 著作物が自由に使える場合 | 文化庁  

①他人の著作物を引用する必然性があること。

アイキャッチやブログの流れの中の挿絵など特に関連性も理由もなく使った場合はアウトです。筆者の記事「デビルマン~」に関して言えば必然性があるということで引用することができます。

②かぎ括弧をつけるなど自分の著作物と引用部分とが区別されていること。

かぎ括弧などはブログサービスに付いてます。

③自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確である事。

自分の記事が主であり引用は従であること。つまり引用部分がページの大半を占めている場合はアウトです。

④出所の明示がなされていること。

上の引用のようにどこから引用したかリンクする。

以上のルールを守ればブログに漫画のコマを使うことができます。

めんどくさいよ~

感情表現で使いたいだけなのに~

確かにめんどくさいし感情表現の挿絵としては使えません。でも安心してください。需要があれば必ず供給もあります。

マンガルーとブラックジャックによろしく

2017年2月28日にリリースされた「マンガルー」。マンガルーとは漫画のコマを著作権フリーで使える画期的なサービスです。

トップページでメールアドレスを記入し登録します。審査後アカウントを発行する仕組みになってます。筆者は昨日登録し今日アカウント発行完了のメールを受け取りました。

メール記載のURLから進むとパスワード設定画面へ設定したらすぐ使えました。説明書は読んでませんが使ってみます。

コマを探すから適当に選んで貼り付けます。

かんたんに張り付きました。右下にマンガルーのロゴがあります。画像をポイントするとカイジの書籍販売のリンクが現れます。

これが著作権フリーのからくりですね。持ちつ持たれつの関係で著作権を気にせずに使えるのでいいでしょう。

使いすぎると重くなるかもしれません。

他にも同様のサービスで

ブラックジャックによろしくの著者、佐藤秀峰さんが著作権をフリーにしました。ただし使用後の事後報告は必要です。

どうでした、カイジだけでなく他にも色々つかえるキャラがあります。感情表現だけだとカイジが使えれば問題ないと思います。

もちろんどちらも無料で使えます。

PICK UP!

-ツール他

Copyright© NAGOLOG , 2018 All Rights Reserved.