音楽/カラオケ

カラオケ好き嫌い音痴でも精密採点の点数を上げれば上手いと思われる

更新日:

カラオケ♪、もうすぐ12月忘年会シーズンそして新年会とお酒を飲む機会が増えます。

NAGO
そして2次会の定番はカラオケ

 

カラオケ好きですか?嫌いだと地獄のシーズン開幕です!

 

入室したら即1曲目を入れるのが僕のスタイル

なぜか野球と同じである、先頭バッターは打順が多く回ってくるじゃない。

そんな僕も以前はカラオケが大嫌いでありました。

何故嫌いかって?音痴を自覚してるからです。

NAGO
人前で歌うのは苦痛以外のなにものでもありません
平気で歌を進めてくるやつとか首を絞めてやりたくなります
田中さん

 

 

音痴を自覚したのは中学の合唱練習の時、自分だけ音程が外れているのがわかったんです。それも完ぺきにね。

その後は口パクマスターになったのは言うまでもありません。

それでも社会人になるとお付き合いは必要ですね、誘われることもままあります。ちょうどカラオケがブームになった頃ですね。

田中さん
カラオケ嫌いだから

そう言えると楽なんですけど、そうもいきません。

 

さぁ地獄のカウントダウンが始まります、カラオケはベルトコンベアシステムで順番にマイクが回ってきます。

死刑執行のカウントダウンです!

田中さん
まったく酔えねぇ

 

歌うのは嫌いではないので、歌わないで帰るのも消化不良で気持ちが悪いし歌ったら後悔するしで飲み会に行くたびストレス発散どころかストレスをためてしまいます。

 

 

そんな筆者がなぜ1曲目にリクエストを入れるまでに成長したかというと中村雅俊の「俺たちの旅」がきっかけなんですね。

スナックでも採点機能のカラオケがあります、カラオケ店に比べると採点は甘目であります。大声出したらある程度点数加点される奴。

なんと85点でました!

NAGO
周りは70点台です、それが自信につながりました

 

採点機能の点数は歌のうまい下手はそれほど関係ありません。抑揚をつけた「うまいな~」って歌が意外と点数が低く出たりします。

たまたま「俺たちの旅」がその日の筆者のコンデションと奇跡的に音程コラボしただけの話なんですが筆者は勘違いします。

その勘違いが恥ずかしいという感覚を鈍らせるんですね。

 

恥ずかしい鎧を脱ぎ捨てたら人間怖いものはありません、一晩で20曲歌ったこともあります。いままでため込んでいたコンプレックスという泥を吐き出すように。

そうなると良いほうに人生は回転していきます、飲み屋のおねーちゃんにもモテだして飲み会が楽しくてたまらなくなります。

 

ただやっぱり音痴は音痴なんですね、何も変わってません。

恥ずかしいという感覚が鈍っただけなんですね。

 

高い声を出したい、うまく歌いたい、点数上げたい

新たな欲求が生まれます。

そこでYoutubeを利用します、ボイストレーニングだの高音の出し方や基本的なことはほとんど出てます。それ見て練習!

NAGO
努力は裏切りません、今では低音が苦手になってますし
田中さん
だめじゃん

 

 

決め手は第一興商がだしてる家庭用カラオケ

カラオケ@DAM for Windows10

マイクまで購入して練習です、これで音程はバッチリとれました。

スピッツの歌なら95点台は出ます。90点台の歌は全部で8曲ほどあります。自分に合う曲を徹底的に歌いこめば音痴でもこれくらいの点数は可能になるのです。

 

実機の場合は点数が辛く、精密採点DXで-5、精密採点Ⅱで-10くらい差し引き。

お酒の量や周りの雰囲気でも点数はぐらつきますが。

NAGO
もう80点以下になることもそんなにはありません

 

前にも書きましたが高得点が歌がうまいとイコールではありません。

でも周りの人って高得点がでると歌がうまいと勘違いしてしまいます。

カラオケが苦手な人で年末どうしても歌わなければいけない状況があるならYoutubeを見て少しだけ練習したらカラオケが好きになるかもしれませんよ。

 

僕の場合他の人の歌を聞いてるふりはしてますけど実は次の曲を探してます。

カラオケなんてその程度のものです、誰もあなたの歌を真剣に聞いてるわけではありませんので安心してください。

 

逆になかなか歌わないと注目されてしまいますから、入店後注文とかしてゴチャゴチャしてるときは誰も聞いてませんから1曲目にリクエストして歌ってしまいましょう。

地獄のカウントダウンを待つより十倍楽です。

  • この記事を書いた人

nago

このサイトの管理人はブログ歴だけは長い普通の会社員です。今回はてなからワードプレスに戻ってきました。思っていた通りここは静かすぎる世界でした。

-音楽/カラオケ

Copyright© NAGOLOG , 2018 All Rights Reserved.